Crimson Day...

読んだ:「テレビ朝日で捏造報道か」って話が出ていて微妙な件で

この記事の所要時間: 245

どうも、Noodle.(@Noodle1002)です。著名なブロガーであり、切込隊長としても有名なやまもといちろうさんのブログにて。

「テレビ朝日で捏造報道か」って話が出ていて微妙な件で|やまもといちろうBLOG(ブログ)

世の中には色んな人がいまして、その中でも特定職人と呼ばれる方々によるきめ細やかなチェック大勢、そしてその仕事っぷりには思わず感嘆してしまいそうになることが多々あります。例えば他作家のマンガをトレース(写し書きのようなもの)しまくり、作品と呼んでいい物かどうかは別にして、マンガを仕上げるという投げっぱなしジャーマンの如き荒技で世に発信し、そしてひたすらトレース元を特定されるという一件が以前ありました。

漫画界初の怪挙? 「メガバカ」全コマトレース疑惑!自画像もトレース|痛いニュース(ノ∀`)

もう清々しい程にトレース元が特定されていき、というか特定される点がやたらめったら多かったのも、このマンガが長期に渡ってネタにされ続けていた理由でもあるんですけど。もう話題にもならないけど。この作者どうしてるんだろうね。

盛り上がれば人が集まる。人が集まれば始まる。始まったら人がいなくなるまで続く。即ち之炎上也。

こうなってしまうと「インターネットって暇なヤツばっかだなw」、「そんな根暗なことして楽しいの?www」、「ふざけんな!やめろ!」みたいな嘲笑や怒りなど何にもなりません。だって特定しようと動いてるのって1人じゃないし、組織でもないから。

盛り上がりの場へ集まってきた大量のアクセス=ユーザーの中に、そういった能力を持った人が含まれていて、アクセスが集まれば集まる程、更に増えていくんですよね。そして彼らが解析・特定した内容は即時公開されていき、集まっていた人たちの発信力によってどんどん拡散していくと。野次馬根性っていうのは世界共通ですから仕方ないですね。

今回はTV朝日という大企業が相手で、インターネットの影響力ってまだそこまで強くないですから、まぁ放置されるでしょう。悲しいかな相手は朝日系列。ご自身達がインターネット上では燃えやすいタイプのネタを投下したりしやすい媒体であります。しかしどこまで燃え広がるのかと聞かれると微妙なライン。

ここで一つあえて朝日さんがシカトを決め込まず、中途半端に対応して更に燃料を、くすぶっていた炎にガソリンを放り込むがごとく対応をして頂ければ、素晴らしい光景に遭遇できそうだなと思いました。

街頭インタビュー的な物には、撮影スタッフや役者さんなどで代用しインタビューシーンを作っちゃうっていう手法は良く知られています。業界では当たり前のこととして行われていたことも、こうやって検証されてしまい、「仕込みじゃねーか!」と総ツッコミを受けてしまう。いいですねぇ。重箱の隅が突かれやすい今日この頃、細かい部分にまで気を使いながらコンテンツを仕上げないといけないTV業界の皆さん、本当にお疲れさまです。

そして各方面、各クラスタの方々、大人の対応でもってBPOへ突撃するなり、電凸するなり、火消しをするなり、実はねつ造動画でした釣られたー的な展開だったりを楽しみつつ、いつものネットライフを送りましょう。

それでは、これにて。

photo by: Kıvanç Niş

コメントを残す