映画見たよ:メン・イン・ブラック3

この記事の所要時間: 139

どうも、当ブログmirusika.comの管理人Noodle.(@Noodle1002)です。前作から10年。今年公開されたメン・イン・ブラック3を見ました。つーか10年も経ってんのか。怖いわ。ハリウッドの人気SFコメディ映画の続編です。

今回、エージェントK(トミー・リー・ジョーンズ)の存在が消え去ってしまい、それと共に地球に危機が迫ります。それを助ける為にエージェントJ(ウィル・スミス)が過去へタイムジャンプして奔走する訳ですが…トミー・リー・ジョーンズ老けたなぁ。それこそ沈黙の戦艦でスティーヴン・セガールと戦ってた頃から変わってないように勝手に思ってましたけど。一方ウィル・スミスは10年経ったとは思えない若さ。走って転んで、失敗してそれでも我武者らで飄々としたキャラは見てても、台詞を聞いてても楽しいですね。ちなみにタイムジャンプした先には若かりし頃のエージェントK(ジョシュ・ブローリン)がいます。

このジョシュ・ブローリン、トミー・リー・ジョーンズの若い頃と言われれば納得してしまう容姿なのですが、「どっかで見たことある俳優さんだな…」と思い、調べてみると以前見た事のある告発の時という映画に出演してたんですね。ちなみにその時のキャストでトミー・リー・ジョーンズが主役で出演しています。縁があるんでしょうね。

10年経ってもMIBはMIBだったんですが、以前は協力者のエイリアンが色々といましたけど、今回はエージェント同士の絡みが中心となってます。犬とかどこいった。また前作はマイケル・ジャクソンがカメオ出演してましたが、今回もレディー・ガガやティム・バートンなどが出演しています。この辺りも要チェックですね。

総評としては前作・前々作と併せて非常に楽しく見る事のできる娯楽映画に仕上がっています。またラストのシーンはグッとくるものもありますので、ぜひ気軽に観てみては如何でしょうか。

それでは、これにて。


コメントを残す