映画観たよ:バイオハザードv リトリビューション

この記事の所要時間: 146

どうも、Noodle.(@Noodle1002)です。大晦日にバイオハザードv リトリビューションを観ましたよっと。これはまぁ…アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)の為の映画ですね。純粋にアクションものとしては楽しい映画に仕上がっております。

未登場のゲームキャラも参戦

今回はレオン(ヨハン・アーブ)、エイダ(リー・ビンビン)、バリー(ケヴィン・デュランド)などなどゲーム版バイオハザードの1&2のキャラクターも登場します。前作、前々作のクレアなどに比べると中々原作に忠実なキャストです。レオンはヒゲのせいかオヤジっぽくなっていますが、エイダはゲームのイメージそのものの仕上がりと言ってもいいんじゃないですかね。予備知識なしで観るとバリーの存在には気づきませんでしたけど。個人的には前作アフターライフのルーサーの登場が嬉しかったですね。お調子者だけど紳士で強い、でアリスにちょっと惚れてる。ああいうキャラは良いよ。

また初作バイオハザードのレインやワン、2作目のカルロス、ジルも登場しています。殆ど敵役だったりしますけど。前作終盤でも思ったけどジルは金髪にすると特徴無くなってダメだぁ。あとクリスとクレアはどこいった。そんでウェスカー、あんたタフやな。

もはやホラーではないよね(初作からではあるけど)

まぁゾンビをばったばったとアリスが倒して行きます。今回は仲間キャラが少なめなので彼らにも活躍の場が。ただそのせいか、ホラーシーンはほぼ皆無。いや苦手な人には十分ホラーなのかもしれない。初作のハイブに近い施設での戦いですが、とある仕掛けによって様々な舞台での戦いが楽しめる点など、アクション映画としては一級品に仕上がっています。が、所謂「ゾンビ映画」が好きな人には納得できないかもしれないですね。ゾンビが銃撃ってきたりもしますし。

まぁでもサクッと90分という時間の割には楽しめる映画になっておりますので、一度観てみては如何でしょうか。

それでは、これにて。

…ルーサーぁぁぁぁ!誰か気にしてやってくれよぉぉぉ!

 


コメントを残す