映画観たよ:アイアンマン

この記事の所要時間: 22

はい、2日ぶりのブログ更新です。今日は結構な旧作になりますが、アイアンマンを観ました。シャーロックホームズでも活躍しましたロバート・ダウニー・Jr主演、マーベル・コミック「アイアンマン」原作の映画です。またロバート・ダウニー・Jrがドラッグ中毒から抜け出してカムバックした後、一度は却下されたトニー・スターク役を徹底した役作りで勝ち取ったという記念作でもあります。

単純なヒーロー物ではなく、アイアンマン誕生のストーリーを軸に描きながら、またアイアンマンそのものの格好良さ、トニー・スタークの魅力を存分に再現した作品に仕上がっておりまして、公開当初、全世界でヒットとなりました。

細かな部分に突っ込みどころを物ともしない構成

些細な事ではあるんですが、おいおいと思ってしまうところも無いではないんですよね。いやいやその高さから落ちたらスーツ着てても死ぬだろ、とか、だいたい途中でミサイル作ってないって気づけよゲリラ、とか(この辺りは作品を実際に観ていただければ)。ただそれを不快に思わせない抑揚のある展開・構成で、大変楽しい映画に仕上がっております。何と言ってもアイアンマンが次第に完成へと近づいて行く様が、特に男ならニヤニヤしっぱなしになってしまうんじゃないでしょうか。そして仕上がったスーツを装着し、横暴なゲリラたちをあっという間に殲滅する様はすばらしい。格好良すぎでしょう。ヒーロー物の映画は数多くありますが、無骨な風貌でストレートなネーミングのアイアンマンの魅力をここまで引き出すとは、監督のジョン・ファヴローと主演のロバート・ダウニー・Jr、恐るべし。そんなアイアンマンは日本でももちろん大ヒットとなりました。

ヒロインポジションのペッパー・ポッツも魅力的ですし、といいますかこのポッツを演じるグウィネス・パルトローって年齢を感じさせないですね。つーか子供の頃に「フック」へ出演してたのか。知らんかった…。ローディ役のテレンス・ハワードもいい味出してます。でも彼アイアンマン2では別の俳優になっちゃってるんですよね。悲しいなぁ。ガタイも良いですし、演技もうまいしハマり役なんですけどね。

2013年の今年4月には、アイアンマン3も日本先行公開が控えていますので、今のうちに観直してみては如何でしょうか。昨年トレーラー映像も公開されてますし、今から楽しみですね。

それでは、これにて。


コメントを残す