映画観たよ:霊幻導士

この記事の所要時間: 20

どうも、Noodle.(@Noodle1002)です。Huluの会員になってから、昔見た映画を漁ってはチラ見するという生活を送っております。スカパーの放送を見ていた時は、もっと好きなタイミングで好きな番組を見る事ができたら最高なのに!とか思っていましたけど、一気に見る事ができる環境が揃っても、そんなに視聴時間って増えないもんですね。※前回のウォーキングデッドは除く。

さて今回は昭和後期生まれと言えば忘れちゃならない映画です。キョンシーです。そう霊幻導士を見ちゃいましたよ。面白かったですよ、エエ。

ブームを巻き起こしたキョンシーホラーの金字塔

いやもうかなり人気でしたよね当時は。だって陸の孤島みたいなド田舎でも皆知ってたもん。まさにキョンシーブームが訪れた訳であります。製作はサモ・ハン・キンポー。道士カオがキョンシーとの戦いを繰り広げます。低予算かつ昔の映画なので派手な効果があったりする訳ではなく、キョンシーのメイクも今見るとショボかったりしますが、当時の子供達を恐怖のどん底に突き落としました。個人的にすっげー怖かった記憶があります。そしてカオ道士やその仲間達が繰り出すカンフーアクション。キレッキレです。ワイヤーアクションとかではなく、俳優さん達自信の体で繰り出されるカンフーが見てて非常に気持ちいいです。ちなみに道士というのは体術と法術を身につけ、唯一キョンシーと戦う事のできるスペシャリストのことです。寺生まれのTさんみたいなもんですね。

ホラーと言いますが、大人が見るとそんなに怖い物ではないですが、直立不動で手をまっすぐに伸ばし、生き血を求めて襲ってくるキョンシーの姿は、今の子供達(といっても小学校低学年くらいまでだとは思いますが)にとっても怖いんじゃないかなと思います。ぜひ吹替で一緒に見てもらいたいですね。そして「ちゃんと言う事聞かないとキョンシーが来るぞ!」「いやー!」というやり取りも併せて楽しんで頂ければいいんじゃないでしょうか。

霊幻導士シリーズはこれ以降も続編がありますので、併せて楽しみたいところですが、ストーリーとしては繋がっていないのにキャストが一緒だったりして混乱するかもしれません。ところでこのガウ道士を演じられているラム・チェンインさんって、すでにお亡くなりになってるんですね…。ちょっとショックでした。

それでは、これにて。


コメントを残す