映画観たよ:エボリューション

この記事の所要時間: 253

どうも、Noodle.(@Noodle1002)です。昨日のボルケーノよりも更にお気楽な映画、エボリューションを観ましたよっと。2001年公開のSFコメディです。監督はアイヴァン・ライトマン。名作ゴーストバスターズの監督でございます。個人的にはベートーベンという動物映画も良いですね。

アリゾナ州に落下した隕石。グレン・キャニオン短大の生物学講師、デイヴィッド・ドゥカヴニー演じるアイラ・ケインは隕石から液体を採取。その液体には未知の単細胞生物が生息していました。地球外生命体の発見に喜ぶアイラですが、数時間後に観察すると多細胞生物に進化、そして再び隕石落下地点へ採集に行くと菌糸類やミミズのような生物が既に繁殖していたのです。地球で46億年かかった進化を、僅か1ヶ月で成し遂げる脅威の生物であると分かり、軍が出動しはじめ、自体は更に深刻な事態へと陥っていきます。

平成生まれだとデイヴィッド・ドゥカヴニーとか知らないよね

多分デイヴィッド・ドゥカヴニーという俳優さん、今はそんなに有名じゃないかもしれないですね。名前聞いてピンとこない人もいるかと思いますが、90年代前に生まれた世代なら顔を見たら思い出すんじゃないかな。一大ブームを巻き起こした「Xファイル」というTVドラマシリーズの主演俳優さんです。そうモルダー捜査官ですね。「モルダー、あなた疲れてるのよ」とスカリー捜査官にあしらわれるシーンはあまりにも有名です。

日本の地上波、ゴールデンの時間帯にもこのXファイルは放送されていましたね。Xファイルが放送されていた当時は心霊現象やUMA、UFOの話題って今以上に取り上げられていまして、UFOやエイリアン、超常現象を題材にした事件を題材としていたのがXファイルというドラマだった訳です。エリア51とかグレイとか、まぁその筋の話題が好きな人にはたまらない作りになっていました。その彼がコメディ映画に出演するとあって、当時このエボリューションも結構話題作として取り上げられていたんじゃないかなと思います。その他のキャストとしてヒロインにジュリアン・ムーア、相棒役にオーランド・ジョーンズと配役も中々のメンツが揃っています。

また監督がゴーストバスターズの方ということも関連しているのか、ダン・エイクロイドも出演しております。ダン・エイクロイド太ったなぁと当時思ったもんです。あ、この人はゴーストバスターズの主演俳優さんで、また「ブルース・ブラザーズ」のジェイク役でも有名ですね。あとなにげにUSAフォー・アフリカのWe Are The Worldのレコーディングにもコーラスで参加されております。

コメディーなだけあって、悲壮感などは皆無、若干下品なネタも豊富で、くだらない展開もご愛嬌といった感じの作りになっておりますが、娯楽作品ってこういう感じでいいんじゃないかなぁとも思う訳です。Xファイルをよく見ていた自分としては、序盤、デイヴィッド・ドゥカヴニーが劇中でいう「政府は信用できない」という台詞にはニヤリとさせられました。まぁ劇中でも政府から冷遇されていた過去の設定が判明したりするんですが、Xファイルを意識した台詞だったんじゃないかなと思います。

冗長でダレてしまうということもないですし、次々起こる馬鹿っぽい展開もバッチこいな方なら是非一度観ておいていただきたい作品ですね。ジュリアン・ムーア奇麗だし。

それでは、これにて。


コメントを残す