ドラえもん のび太のひみつ道具博物館

映画観たよ:ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)

この記事の所要時間: 423

どうも、Noodle.(@Noodle1002)です。公開初日、子供にせがまれてドラえもん のび太のひみつ道具博物館を観てきました。テッドとかオズ はじまりの戦いも観たかったんですが、まぁ子連れだとなかなかそうもいきませんわな。しかし声優キャストが切り替わってからすでに8年も経過していることに唖然とします。そりゃ年も取るわけだよ。今の子供にとっては新声優版のドラえもんが当たり前になってるんだよなぁ。なんだか感慨深いですな。

意外と記念作品な今回のドラえもんと、そのあらまし

テレビ朝日開局55周年記念作、そして映画ドラえもんシリーズの通算第33作目にあたる「ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」ですが、これ中々おもしろかったです。旧作のリメイクではなく、完全新規のストーリー。昨年の奇跡の島に引き続き2作連続のオリジナルでした。リメイクに手を出すと旧作ファンからの評価が辛めになることもありますから、いいんじゃないでしょうか。

ストーリーは昼寝中に怪盗DXを名乗るものからドラえもんの鈴をいただくという予告状が届くところから始まります。しかし予告状はのび太が持って帰ってきた0点のテストを隠すとき、一緒にポケットにしまわれ、序盤では読まれずに放置されます。そして超空間から現れた謎の手によってドラえもんの鈴はサクッと盗まれてしまうのです。

ひみつ道具のシャーロック・ホームズセットを身にまとったのび太の調査によって、22世紀のひみつ道具博物館に盗まれた鈴の手がかりがあることを突き止めたドラえもんとのび太は、ジャイアン・スネ夫・しずかちゃんと共に、ドラミちゃんから譲ってもらったひみつ道具博物館のチケットを手に、現場へと向かうのでした。

新声優版、第8作目のひみつ道具博物館の出来は如何に?

前作はのび太のパパが登場したり、絶滅動物が保護されている島だったり、未来なのか過去なのか、何だか良くわかんない展開でしたが、今回は目的がはっきりしていてストーリーが分かりやすいです。その分見たこともない世界へ旅立つときのワクワク感などは薄れています。しかしひみつ道具というドラえもんの世界に無くてはならないものをベースにしたストーリーなので、いろんなひみつ道具が一挙に登場する様は、観ていてとても楽しいです。

新ドラえもんを観ていると思うのですが、以前にも増してジャイアンとスネ夫が意外と良いヤツだったり、ドラえもんがボケのポジションに回ることが多かったり、のび太がかなり冷静だったりと「キャラ設定がずいぶんと変わってきてるんだなぁ」と思います。でもこれはこれで良いですね。その分しずかちゃんのキャラが薄くなってしまってる気もしますが、ちゃんと恥ずかしい目に遭うシーンもあったりと旧作のツボもしっかりと抑えています。

映画のオリジナルキャラも今回はよく動きますし、ストーリーに深く絡んできます。今回は悪役と呼べるキャラが殆どいませんが、ダレずに観ることができたなぁと思います。となるとやっぱり今回のオリジナルストーリーの脚本はかなり良い出来だったのではないでしょうか。ヒロインポジションのジンジャーは可愛いですが、あまり活躍の場がなかったりしたのがちょっと残念。あとゴンスケは必ず登場させないといけない決まりがあるのか無いのか知りませんが、今回も登場します。

地元の小さな映画館で観ましたが、今までで一番席が埋まってましたし、作中に子供達も笑ったり、驚いたりとリアクションも良かったですね。オープニングの歌が始まったときなんか、みんな歌い始めるんだよ。ほんと好きなんですねぇ。

私はドラえもんの鈴が無くなり、困り果てていたシーンなんかで「…取り寄せバッグ」とか呟いてしまい、隣に座っていた女の子の姉妹が「そうだお姉ちゃん取り寄せバッグで鈴探したらいいんじゃない?」「でもなんかそれってズルくない?」みたいなやり取りが始まり、その姉妹のお母さんらしき人が「お母さんはタイムマシーンで昼寝する前へ行って調べるかな?」とか会話が始まるきっかけを与えてしまいました。ごめんね周りの人。でも親子や兄弟姉妹でそういう会話をしながら観るのも楽しいかもしれませんね。ウチの子も鈴が無くなった時のドラえもんのリアクションから鈴の代わりを着せ替えカメラでのび太が用意するシーンまで大笑いしてましたし。ごめんね周りの人。

ただ一点だけ気になるのは、ほぼ2時間きっちりの作品だというところ。子供達の集中力というか体力的なこと考えると1時間半もあれば十分なんじゃないかな。でもこの春休み、旧作ファン世代も含めておススメのですね。

ちなみに映画のスタッフロール後にはドラえもんがひみつ道具のキャンピングハットをかぶって再登場。そして2014年春にまた映画が公開されるとの情報が流れました。キャンピングハットといえば、アフリカ、ヘビースモーカーズフォレスト、ペコ…。そう大魔境で登場したあの道具です。多分来年はのび太の大魔境がリメイクされるんじゃないかと思います。あのジャイアンのガキ大将っぷり、落ち込みっぷりやナイーブな部分、そしてラスト手前の男らしいシーンなど、どんな感じに仕上がってくるか、今から楽しみですね。

それでは、これにて。


コメントを残す