WordPressに【cbnet Ping Optimizer】をインストールしてPing送信をカスタマイズ

この記事の所要時間: 142

WordPressにはもちろんPingを飛ばす機能がある訳ですが、デフォルトだと記事を投稿した時だけじゃなく、更新作業(新規投稿じゃない)を行ったときもPingが飛んじゃうんです。

んで今日導入したのが cbnet Ping Optimizer というプラグイン。これをインストールしておくと新規投稿時のみPingが飛ぶようになるらしいっす。わお便利。ちなみに最近のWordpressは、プラグインをダウンロードしてアップして適用…とかしなくてもダッシュボード内で検索してちょいちょいっとプラグインをインストールすることができます。わお便利。

そもそもPingってなによ

インターネット上にはブログやらWEBサイトやらの更新情報を収集している所がありまして、それを「Pingサーバー」などと呼ばれている訳です。んでこのPingサーバーに向かって更新情報を飛ばす役目をしているのが「Ping」であり、その行為を「Pingを打つ」「Pingを飛ばす」と言います。…大分おおざっぱな説明だなコレ。さらに粗く言うとGoogleさんやYahooさん等の検索エンジンやブログサービス等に「ウチのブログ(WEBサイト)更新しましたで!」と声をかける役割をしているのがPingです。社長!新しい子入りましたで!みたいな。

そうすると検索結果にももちろん反映されやすくなる訳で、アクセス数アップには欠かせない手法なのです。やるねPing。でも無闇矢鱈に打ちまくってしまうと「うわコイツうぜぇ(Googleさん)」「また同じ内容かよ、空気読めよ(Yahooさん)」と嫌われてしまうんですね。迷惑メールとか宗教の勧誘みたいな感じにね。

ということでPingが飛びすぎないようにするってのも意外と大事なのです。そんなシンプルかつキラリと光る粋な機能を持ったプラグイン cbnet Ping Optimizer、ぜひ導入してみましょう。

ダウンロードはこちら:cbnet Ping Optimizer


コメントを残す