WordPressに【WP Hyper Response】を導入してブログを高速化

この記事の所要時間: 146

どうも、Noodle.(@Noodle1002)です。色々なプラグインを導入して、利便性はどんどん向上させることができるのですが、表示にかかる時間が長くなってしまうなど処理が重くなるのはWordPressの宿命ともいえます。今回のプラグインは素晴らしい。ある種、逆転の発想でプラグイン自体も軽く、且つWordPress自体も軽くしてしまうプラグイン「WP Hyper Response」のご紹介です。

WP Hyper Responseの概要

よくページのキャッシュを生成して高速化をはかるプラグインが高速かの定番として紹介されていますが、WP Hyper Responseはひと味違います。PHPのバッファを出力してページを先に読み込ませていくという処理を行います。…うん、日本語でおk。

通常の処理だとWordPressはDOCTYPE宣言 から </html>までのソースを全て処理してからじゃないと表示されないようです。このWP Hyper Responseを導入すると、特定のソースの段落毎に順次処理し、表示されるようになります。まだ分かりにくいですかね。

ようするに便秘のWordPressが快便になる訳ですね。ごめんなさいね。

WP Hyper Responseのインストール

WP Hyper Responseのインストールは簡単です。ダッシュボードからプラグインの新規追加メニューで検索してインストールが可能です。プラグインファイルをダウンロードしてから導入する場合は以下のリンクからどうぞ。

ダウンロードはこちら:WP Hyper Response

プラグインを有効化するとすぐに効果が出ると思います。現に私のこのブログは読み込みが非常に早くなったと感じています。ただ作者さんのサイトによりますと、大量のPVがあるサイトに導入するとサーバーへの負荷が高まるそうなので、その点は注意が必要ですね。

WordPressを高速化するプラグインを作りました|Stocker.jp/diary

それでは、これにて。


コメントを残す