WordPressに【estimated】を導入して記事を読む所要時間を表示させる

この記事の所要時間: 22

どうも、Noodle.(@Noodle1002)です。ずいぶん以前ですが、記事を読むのにかかる所要時間を表示させることで、サイトの滞在時間を伸ばすことができるんじゃないかというネタが公開されていたのを思い出し、WordPressならプラグインで簡単に実装できるんじゃないかな?と思い立ったのです。

たった一行追加するだけでサイトの滞在時間を13.8%伸ばす方法・・・|IDEA*IDEA

調べてみると日本語版プラグインを製作されている方のブログを発見。早速導入してみることにしました。

estimatedの導入

いつもの通りにダッシュボードからプラグインを検索して、簡単にインストールしたいところなのですが、見つかりません。estimatedプラグインの製作者様のブログにて公開されておりますので、プラグインファイルをダウンロードさせて頂き、導入することにします。

ダウンロードはこちら:ITキヲスク

プラグインのZIPファイルをダウンロードさせて頂いたら、ダッシュボードのメニューにある、[プラグイン]から[新規追加]を選択し、ZIPファイルを読み込みましょう。後は有効化すれば記事の上部に所要時間が表示されるようになっております。

estimated

導入するだけで表示してくれます。

ちなみに外観を変更したい場合はプラグインファイルを直接修正してやる必要があります。あまり自信の無い方はデフォルトのまま使ってみるのが吉かもしれません。

もちろんプラグイン入れたからといって、サイト滞在時間が伸びるのかと言えばそうでもなく、やはりコンテンツ自体の作り込みというか、ブログなら面白い記事をどれだけ書けるかっていうところが勝負だと思います。当たり前のことをサラッと今更ながら書いてしまいました。

今自分が運営しているこのブログは、まだまだ二番煎じな記事が多いですし、ほんとそれならアメブロでやってろよレベルな訳なんですけども、何かこのブログのアイデンティティになるような、優れたコンテンツを生み出せるようになれるといいなぁ…と、浅く軽く考えながらゆるゆると更新している当ブログですが、皆様ぜひぜひこれからもチラッとでいいので見てやってください。

それでは、これにて。


コメントを残す